一般社団法人 札幌歯科医師会 札幌歯科学院専門学校

一般社団法人 札幌歯科医師会 札幌歯科学院専門学校

歯科技工士科 未来を築く、腕を磨く。

募集要項・カリキュラム

平成30年度学生募集要項

1. 募集定員・修業年限

課程区分 学科 募集定員 修業年限
専門課程(昼間) 歯科技工士科 30名 2年間

2. 出願資格・選考方法・入学検定料

入試区分 出願資格 選考方法 入学検定料
指定校推薦

本校が指定した高等学校の生徒であって、下記の全ての要件に該当し、高等学校長の推薦を受けられる者

  • 出願年度に高等学校を卒業見込の者
  • 本校を専願する者
  • 調査書の評定平均が3.0以上である者
  • 欠席・遅刻・早退日数が少ない者
  • 書類審査
  • 面接(個人)
免除
公募推薦

下記の全ての要件に該当し、高等学校長の推薦を受けられる者

  • 出願年度に高等学校を卒業見込の者
  • 本校を専願する者
  • 調査書の評定平均にかかわらず、本校に入学する意欲のあるものとして高等学校長の推薦を受けられる者
5,000円
高校一般

下記のいずれかに該当する者

  • 出願年度に高等学校を卒業見込の者
  • 出願年度までに高等学校卒業程度認定試験に合格見込の者
  • 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を出願年度までに修了見込の者
  • 書類審査
  • 面接(個人)
  • 適性審査

「国語現代文」又は 「基礎的数学」の いずれか選択

10,000円
社会人一般

下記のいずれかに該当する者

  • 出願年度までに高等学校を既に卒業した者
  • 高等学校卒業程度認定試験に合格した者
    (大学入学資格検定に合格した者を含む)
  • 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
  • その他、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本校が認めた者
  • 書類審査
  • 面接(個人)
10,000円

3. 選考日・出願期間

入試区分 選考日(入学試験日) 出願期間(必着)
指定校・公募推薦(一期) 平成29年10月14日(土) 平成29年10月 2日(月)~平成29年10月11日(水)
高校・社会人一般(一期) 平成29年10月21日(土) 平成29年10月 2日(月)~平成29年10月18日(水)
指定校・公募推薦(二期)
高校・社会人一般(二期)
平成29年11月18日(土) 平成29年11月 1日(水)~平成29年11月15日(水)
指定校・公募推薦(三期)
高校・社会人一般(三期)
平成29年12月16日(土) 平成29年11月28日(火)~平成29年12月13日(水)
高校・社会人一般(四期) 平成30年 1月27日(土) 平成30年 1月 4日(木)~平成30年 1月24日(水)
高校・社会人一般(五期) 平成30年 2月24日(土) 平成30年 2月 7日(水)~平成30年 2月21日(水)
高校・社会人一般(六期) 平成30年 3月24日(土) 平成30年 3月 6日(火)~平成30年 3月20日(火)
  • ※各入試区分の一期終了後、合格者が募集定員を満たした場合は募集を中止し、定員充足以降の試験を実施いたしませんので、事前にお問い合わせください。
  • ※受験票は、当該入試の出願期間終了翌日に返信用封筒に入れて発送します。

4. 合格発表

入試区分 合格発表(通知発送日) 合格通知
指定校・公募推薦(一期)
高校・社会人一般(一期)
平成29年10月25日(水)

【推薦入試】
合格者本人並びに在籍高等学校長宛て郵送します。

【一般入試】
本人宛て郵送します。

指定校・公募推薦(二期)
高校・社会人一般(二期)
平成29年11月21日(火)
指定校・公募推薦(三期)
高校・社会人一般(三期)
平成29年12月19日(火)
高校・社会人一般(四期) 平成30年 1月30日(火)
高校・社会人一般(五期) 平成30年 2月27日(火)
高校・社会人一般(六期) 平成30年 3月27日(火)
  • ※入学金納入期限は、合格通知に同封してお知らせします。原則として、合格発表の日より、8日ないし20日以内(入試区分により異なります)に入学手続き及び入学金の納入をお願いします。

5. 出願手続き

  • ※下記書類に入学検定料を添えて、所定の出願期間内に提出してください。

【提出書類】

(1)入学願書・受験票

  • 最近3か月以内に撮影した顔写真(上半身、脱帽、正面、たて3.5cm、よこ3cm)を入学願書及び受験票に貼付してください。
  • 入学願書を受理し受験票を返送することにより、入学検定料の領収書に代えます。

(2)調査書等

  • 出身高等学校長の作成したもので厳封し、封筒に「開封無効」と記載したもの
  • 高等学校卒業後5年を経過している者は、高等学校の卒業証明書と単位取得証明書
  • 高等学校卒業程度認定試験(又は大検)の合格者は、合格成績証明書
  • 大学・短大・専門学校を卒業(見込)の者は、最終学歴となる学校の卒業(見込)証明書又は卒業証書のコピー

(3)履歴書

  • 所定用紙を使用し、できるだけ詳細に記入してください。

(4)返信用封筒

  • 受験票を返送するため、所定の封筒に必ず郵便番号、住所、氏名を明記し、忘れずに切手(封書料82円+速達料)を貼付してください。封筒表面の日付は記入しないでください。

(5)高等学校長名の推薦書(指定校推薦、公募推薦の場合)

(6)その他

  • 入学願書・受験票などの提出書類を郵送される場合は、入学検定料相当分の郵便為替(普通為替証書)を同封してください。為替の受取人欄には、何も記入しないでください。
  • 入学願書・受験票などの提出書類を入試事務局に持参される場合は、現金でのお取り扱いもいたします。

6 .学費・諸経費

入学金 授業料 実習費 施設管理費
1年次 前期 200,000円 300,000円 150,000円 100,000円
後期 - 300,000円 150,000円 -
2年次 前期 - 300,000円 200,000円 100,000円
後期 - 300,000円 150,000円 -
  • ※教科書・白衣・実習器材などの経費は別途実費負担となります。
  • ※入学金以外の学費・諸経費の納入期日は、平成30年3月初旬~中旬です。詳細は入学手続きの際にお知らせします。

7. 特待生制度

(1)合格者の中から、本学院が選抜する者の入学金(20万円)全額を免除します。

(2)特待生は入学定員の10%程度とします。

8. 奨学金制度

(1)札幌歯科学院専門学校学生奨学金制度

  • 本学院に入学後、1年次以降の成績上位者で、欠席時間が少ない等、他の学生の模範となる者を学内選抜し、進級時に奨学金を給付します。
  • この奨学金は、返還不要の給付型奨学金です。
  • 選抜人数は、各年次、1名~5名程度とします。
  • 給付額は、年1回、1名につき、10万円~15万円とします。

(2)本学院は、日本学生支援機構・札幌市奨学金制度の対象校となっています。

  1. 対象者:若干名
  2. 申込みの資格
    • 学業成績が優良であること
    • 所得の基準に該当すること
    • 本学院が推薦するにふさわしい人物であること
    • 札幌市民であること(札幌市奨学金制度の場合)

(3)本学院の学生は、札幌市高等職業訓練促進給付金等事業の対象となります。

9. 専門実践教育訓練給付金

本学院の歯科衛生士科・歯科技工士科は、厚生労働大臣が指定する「専門実践教育訓練給付金」の支給対象講座となっています。

雇用保険の加入歴があるなど一定の要件に該当する場合は、専門実践教育訓練給付金を受給できることがあります。詳細は、本学院又は最寄りの公共職業安定所(ハローワーク)にお尋ねください。

10. その他

  1. 一般入試では、歯科衛生士科と歯科技工士科との学内併願を認めます。併願を希望する場合は、入学願書に出願学科及び第二志望の学科を記載してください。指定校推薦入試、公募推薦入試は専願となります。
  2. 入学願書を受理した場合は、受験票を送付します。記載に不備があった場合は、返送します。
  3. 入学願書など一度受理した書類及び入学検定料は、理由の如何にかかわらず返還できませんのでご了承ください。
  4. 学費・諸経費を納入後、入学前に辞退を申し出た場合は、入学金を除き返金いたします。
  5. 詳細は、本学院入試事務局までお問い合わせください。

カリキュラム

教科目 指定時間数 総時間数 各学年授業時間数
第1学年 第2学年
外国語 30 30 30 -
造形美術概論 15 15 15 -
関係法規 15 15 - 15
歯科技工学概論 50 50 50 -
歯科理工学 220 220 220 -
歯の解剖学 150 150 150 -
顎口腔機能学 60 60 60 -
有床義歯技工学 440 440 230 210
歯冠修復技工学 440 440 230 210
矯正歯科技工学 30 30 30 -
小児歯科技工学 30 30 30 -
歯科技工実習 520 520 - 520
選択必修科目 200 200 140 60
合計 2,200 2,200 1,185 1,015