歯科衛生士科 未来を拓く、感性を磨く。 歯科衛生士科 未来を拓く、感性を磨く。

卒業生の声

Interview

歯科衛生士科第49期生(平成29年度卒業) 
札幌市内歯科医院 勤務

私は幼い頃に矯正をしており歯科衛生士という職業を知りました。将来、手に職をつけたいと考え歯科衛生士を目指しました。

本校では専門知識を学ぶ座学に加え実習など身に馴染みのない事がたくさんあり大変な事もありましたが、先生方のサポートや仲間に支えられ国家資格のライセンスを取得しました。

現在、勤務して4年目になりますが職場の先生方やスタッフに支えられ日々、様々な経験をして知識と技術を磨いています。

歯科衛生士の仕事は口腔内の健康を守る事に加え全身疾患とも関連しており、その方の生涯に寄り添える素敵な職業です。

今後も患者様とのコミュニケーションを大切に1人でも多くの方の健康と予防を支え続け、信頼される歯科衛生士を目指したいです。

歯科衛生士科第50期生(平成30年度卒業) 
札幌市内歯科医院 勤務

札幌歯科学院専門学校での学生生活では、勉強や臨床実習は覚えることも多く、悩んだこともありましたが、その壁を乗り越えて今私が歯科衛生士として働いているのは励まし合った仲間や支えてくれた先生方がいたからです。

辛い時も楽しい時も側にいてくれた仲間との日々は一生の宝物です。

臨床実習では、一般歯科や大学病院、様々な施設で多くの知識や技術面を学ばせていただき沢山の経験を積むことができました。

私は一般歯科、口腔外科、矯正歯科を診療科目としている歯科に勤めています。まだまだ未熟で学ばなければいけないことが多くありますが、今まで学んできたことを活かし今後多くの知識や技術を増やして患者さんや医院の方々に信頼していただける歯科衛生士になれるよう精進します。