歯科技工士科 未来を築く、腕を磨く。 歯科技工士科 未来を築く、腕を磨く。

卒業生の声

Interview

歯科技工士科第44期生(平成28年度卒業) 
札幌市内歯科技工所 勤務

私は歯科技工士の仕事が直接社会貢献につながる医療系国家資格であり、さらに女性が活躍できる仕事であることに魅力を感じ、札幌歯科学院専門学校の入学を決めました。

授業はアットホームな雰囲気の中、基礎からコンピューターによる設計・製作を行うCAD/CAMなどの最先端のデジタル技術まで学ぶことができ、先生方の熱心な指導のおかげで、自分の技術に自信を持って就職試験や国家試験に臨むことができました。先生方には大変感謝しています。

卒業後は横浜の歯科技工所で2年間勤務した後、札幌に戻り、市内の大手歯科技工所でCAD/CAMをメインに担当し、患者さんを笑顔にする仕事にやりがいを感じています。将来は誰からも信頼される歯科技工士を目指して頑張っていきます。

歯科技工士科第39期生(平成23年度卒業) 
札幌市内歯科技工所 勤務

私は社会人経験後、様々な社会情勢の変化に対応でき、一生を賭けてできる仕事を模索していた中、歯科技工士は今後の高齢化社会に必要不可欠な仕事になると確信し目指しました。

その中でも札幌歯科学院専門学校を選んだのは、札幌歯科医師会立で大学病院・市内の歯科診療所・歯科技工所の見学があり、知識・技術をより高められると感じたからです。入学後、1年次・2年次ともに見学実習があり、その際はスタッフの立場で、授業で得た知識の確認と、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の連携など、授業では得られないことを学ぶことができ、その経験は就職後にも活かされました。

現在は市内の歯科技工所に勤務しており、自分の作った歯科技工物が患者さんの身体の一部となり、喜びを与えることができる仕事に誇りを持ち、常に患者さんやドクターに満足して頂けるよう技術の向上を忘れずに、より質の高い歯科技工物の製作を心掛けています。