一般社団法人 札幌歯科医師会 札幌歯科学院専門学校

一般社団法人 札幌歯科医師会 札幌歯科学院専門学校

卒後研修セミナー

卒後研修セミナー

歯科衛生士・歯科技工士のライセンス取得後、
よりハイレベルな技術と知識を追求し
ブラッシュアップを目指す方のために、
毎年卒後研修セミナーを実施しています。

本校出身者以外にも門戸を開放しているため、
情報交流の場としても機能しています。

平成29年度 札幌歯科学院専門学校
専攻科卒後研修セミナー

※5月7日以前のお申し込みは無効となります。

歯科衛生士課程

歯科衛生士のための
実践ペリオセミナー(2日間)

講師 日本歯周病学会専門医・指導医
 佃 宣和 先生

成人の約80%が罹患しているといわれている歯周病は、単に歯周組織の病気というだけでなく、心臓・循環器疾患や糖尿病、早産・低体重児出産など身体にも影響を及ぼすことが明らかになってきています。

歯周病の治療は、診査、モチベーション/ブラッシング指導、スケーリング・ルートプレーニング(SRP)、メインテナンスなど多くの部分で歯科衛生士が関わっており、その知識と技術が治療の成否を握っているといっても過言ではありません。

また病態が患者により様々で異なる事から患者毎に治療のプログラムを考え、基本に忠実に治療しなければ良い結果を得ることはできません。

今回のセミナーでは、歯周治療に必要な基礎知識を再確認するとともに治療上重要な役割を果たすSRPに関する手技を習得致します。

日時
  • 平成29年6月17日(土) 14:00~17:30
  • 平成29年6月18日(日) 10:00~16:00
内容

第1日目 平成29年6月17日(土)

歯周病とはどのような病気か ―今さら聞けない基礎の基礎―

  1. 歯周病とは:基礎知識を確認する
  2. 歯周病の検査:各検査項目からわかること
  3. 一口腔単位の治療計画を立案する(実習):なぜその治療をするのか、なぜしないのか

第2日目 平成29年6月18日(日)

歯肉縁上・縁下のプラークコントロール ―SRPの基本とその限界を知るー
メインテナンス・リコール ー何のために行うのか? その理論的根拠を知るー

  1. モチベーション・ブラッシング指導:動機付けがうまくいかないのは誰のせい?
  2. 歯肉縁上プラークコントロール:どのくらいやれば良いの?
  3. SRPの基本:罹患根面は削るの、削らないの?
  4. SRPの限界:取り残しはあります
  5. スケーラーの研磨実習:鋭くシャープニングされたスケーラーを手に入れる
  6. プロービング実習:挿入角度、圧など基本を確認します
  7. SRPのデモとマネキン実習:ポジショニングや器具操作について学びます
受付開始日 5月8日(月)※5月7日以前のお申し込みは無効となります。
定員 28名
受講料 21,000円
受講資格 歯科医師・歯科衛生士の資格を有する者

歯科技工士課程

「ジルコニアフレームを用いた上下顎第一大臼歯の色調再現と

歯牙形態の表現」

~機能的咬合面形態を中心に~

講師 株式会社ライズ 代表取締役社長
 石三 晃一 先生

近年、歯科ではCAD/CAMテクノロジーの導入により補綴装置の製作法に大きな変化をもたらしている。CADソフト上では膨大なサンプルデータから形態を選択し、加工機の普及により短時間で補綴装置を完成させることが可能になったが、それらはデザインを担当する歯科技工士の経験や勘にゆだねられており、技工物の作成にはやはり歯牙解剖形態や機能的顎運動を考慮した咬合面形態など、基礎的な知識が必要である。

今日の歯冠修復治療における目的としては「審美」と「機能」の両立があげられ、又それらを達成し永続性のある補綴装置を製作するためには「構造力学的安定」「生物学的恒常性」が獲得されなければならない。

そこで本セミナーでは、審美的表現はもとより、機能的咬合面形態を中心に上下顎第一大臼歯の単冠を「VINTAGEZR」を用い、実習とレクチャーを交えながら紹介したい。

日時
  • 平成29年6月17日(土) 14:00~17:30
  • 平成29年6月18日(日) 10:00~16:00
内容

第1日目 平成29年6月17日(土)

  1. 歯牙の色調を読み取るポイント
  2. レイヤリングによる色調表現

第2日目 平成29年6月18日(日)

  1. 各陶材の特徴
  2. 構造力学を考慮したフレームデザイン
  3. 機能的咬合面形態を考慮した形態修整のポイント
受付開始日 5月8日(月)※5月7日以前のお申し込みは無効となります。
定員 10名
受講料 35,000円
受講資格 歯科医師・歯科技工士の資格を有する者

FAXでのお申し込みについて

FAXにてお申し込みをされる場合は、氏名・住所・勤務先・勤務先住所・電話番号・出身校をご記入の上、下記のFAX番号まで送信してください。

011-511-1902

お申込み確認のFAXを返送しますので、一週間以内にお振り込みをお願いします。お振り込みの完了をもって受付とさせていただきます。

なお、キャンセルなどの返金は致しかねますのでご了承ください。

お問い合わせ先

〒064-0807 札幌市中央区南7条西10丁目 
札幌歯科医師会立 
札幌歯科学院専門学校事務局
TEL:011-511-1885 / FAX:011-511-1902