公開講座 公開講座

公開講座について

毎年全国で活躍されている歯科衛生士や歯科技工士をお招きし、公開講座を開催しております。

札幌歯科学院専門学校 専攻科
2019年度 公開講座

※2019年5月6日以前のお申し込みは無効となります。

歯を守るために必要な歯科衛生士の“力の知識”
~歯周治療と補綴メインテナンスから見えてくること~

講師:東京都調布市小林歯科医院
歯科衛生士 歯科技工士 小林 明子 先生

講師 小林 明子 先生
講師 小林 明子 先生
日本歯周病学会認定歯科衛生士
日本口腔インプラント学会認定
 インプラント専門歯科衛生士
日本歯科審美学会認定士
日本臨床歯周病学会認定
 歯科衛生士
日本顎咬合学会認定
 指導歯科衛生士

何度も繰り返し受けてこられた治療、まじめにメインテナンスを受けているのにどうしてどんどん悪く、どうしてこうなってしまうの?歯科医療の現場で活躍している歯科衛生士の皆さんは〝患者さんのなぜ?!″に応えてきているでしょうか?

歯周疾患の最大の特徴として感染性慢性疾患であり完治がないということがあげられます。また修復補綴治療は治療の主訴の解決や咬合の再構成が目的にあり、長期的に良好な状態を維持させるためにはメインテナンスを行うことが非常に重要であることは十分に理解されてきました。

しかし、患者さんの歯は壊れていく現実に歯科衛生士はいつも悩まされてきているのではないでしょうか。う蝕や歯周疾患を学ぶだけでは長期的に口腔を安定保持させて守っていくことは大変難しいと感じている人は多いのではないでしょうか。

口腔内の歯と歯列には常に力が加わっており生涯を通じてダイナミックに変化しています。また一たび欠損を生じると口腔の崩壊は加速していきます。歯科衛生士には口腔にかかる臨床的な力を理解する必要が出てきました。

今回は、歯科衛生士の判断力を高めていくために、咬合の基礎知識、歯に加わる力を学んで見ませんか。口腔に現れる力の姿と歯科衛生士が知っておきたい咬合の知識、欠損補綴の見方、読み方についてを歯科衛生士の視点からまとめて行きます。明日から臨床に役立つヒントとなれば幸いです。

テーマ 歯を守るために必要な歯科衛生士の“力の知識”
~歯周治療と補綴メインテナンスから見えてくること~
日時 2019年11月9日(土)14:30~17:00
場所 札幌歯科医師会館5階 講堂
定員 70名
受講料 無料
受講資格 歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の資格を有する者

FAXでのお申し込みについて

FAXにてお申し込みをされる場合は、氏名・住所・勤務先・勤務先住所・電話番号・出身校をご記入の上、下記のFAX番号まで送信してください。

FAX申込用紙のダウンロードはこちら

011-511-1902

お問い合わせ先

〒064-0807 札幌市中央区南7条西10丁目 
札幌歯科医師会立 
札幌歯科学院専門学校事務局
TEL:011-511-1885 / FAX:011-511-1902