公開講座 公開講座

公開講座について

毎年全国で活躍されている歯科衛生士や歯科技工士をお招きし、公開講座を開催しております。

札幌歯科学院専門学校 専攻科
令和4年度 公開講座

※2022年5月8日以前のお申し込みは無効となります。

病院歯科における歯科衛生士の役割
~食べる機能を支えるために必要なこと~

講師:医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 歯科口腔外科
主任歯科衛生士 小森 美香 先生

講師 小森 美香 先生

平成16年 札幌歯科学院専門学校
          歯科衛生士科 卒業
平成16年 医療法人仁友会
        日之出歯科診療所 勤務
平成22年 医療法人渓仁会
         手稲渓仁会病院 勤務
日本臨床栄養代謝学会
           NST専門療法士
日本口腔インプラント学会
     インプラント専門歯科衛生士
日本口腔ケア学会
        口腔ケア認定資格3級

 病院歯科にどのような印象がありますか?

 歯科衛生士の就業先は約90%が診療所であり、病院は5%とわずかです。そのため、業務内容はあまり知られていないかもしれません。

 病院歯科口腔外科における歯科衛生士は口腔外科診療にとどまらず、摂食・嚥下機能の評価、口腔機能の維持・管理、周術期等の口腔機能管理による合併症の予防など様々な役割を担っています。

 また近年、「医科歯科連携」「多職種連携」「チーム医療」が推奨されています。

 医師・歯科医師はもちろんのこと、看護師・薬剤師・管理栄養士など多職種の医療スタッフと密接なコミュニケーションを図り、互いの専門知識や技術を尊重し、それぞれの視点から専門性を発揮できる環境づくりに努め、目標の達成に向けて意見交換をすることが求められます。

 当院でも「栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:NST)」に歯科衛生士も参画し、口腔の知識に基づいた提案や口腔ケアに関する指導だけでなく、多職種と共に入院早期から栄養アセスメントによる栄養状態を把握し、栄養管理が必要な患者に適切な栄養投与法を検討し、栄養状態の改善を図っています。

 今回、急性期病院歯科口腔外科歯科衛生士の立場から、栄養管理に携わる歯科衛生士に求められることを中心に、病院歯科における歯科衛生士の役割を紹介します。

日時 令和4年9月10日(土)14:30~17:00
場所 札幌歯科医師会館5階 講堂
受付開始日 令和4年5月9日(月)
※令和4年5月8日以前のお申し込みは無効となります。
受付締切日 令和4年9月5日(月)
定員 50名
受講料 無料
受講資格 歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の資格を有する者

※新型コロナウイルス感染症の影響により、中止又は延期となる場合がありますのでご了承ください。

受付を終了しました

お申し込みについて

申込受付 令和4年5月9日(木)~9月5日(月)
※令和4年5月8日以前のお申し込みは無効となります。
申込方法

氏名・住所・勤務先・勤務先住所・電話番号・出身校をご記入の上、こちらからお申込みください。

公開講座は、お申込み確認メールの受信にて受付完了とさせていただきます。

※メールアドレスがない等ございましたら、学院までご連絡ください。

お問い合わせ先

〒064-0807 札幌市中央区南7条西10丁目 
(一社)札幌歯科医師会立 
札幌歯科学院専門学校

TEL:011-511-1885 / FAX:011-511-1902